2007年03月03日

マクロビオティック・レシピはいかが? 

マクロビオティックの意味を調べてみると・・

マクロビオティック=Macrobiotique はフランス語。 
英語
ではマクロバイオティクス=Macrobiotics と発音する。
アメリカではヒッピーイズム等によって、マクロビオティックがかなりの
広がりを見せた。

研究社の『現代英語辞典』には、「特別な食事などによる長寿法」とあり。

一方『ジーニアス英和辞典』では、「マクロバイオティクス、長寿食学」。
形容詞もあり、macrobiotic foodは「長寿食、食養料理、
自然食(無農薬の穀物・野菜中心の食事)
」とある。

一番近い表現は次の通り。三省堂提供「デイリー 新語辞典」より。

マクロビオティック【macrobiotics】
陰陽の原理を取り入れた自然食中心の食生活に基づく長寿法の一種
〔「大いなる生命」という意味のギリシャ語を語源とする言葉。古くから提唱
されてきた長寿法で,肉食を中心とした食生活の見直しにより 1970 年代に
欧米で広がった。

現在の内容の基礎は日本人の桜沢如一(さくらざわゆきかず)が築いた。

んだってさ。そうだよね、「長寿法」なんだよね、結局。
 

この桜沢如一が創設した「日本CI協会」ってのが、東京・東北沢にあって、
その昔、この近くに住んでたワタシは、詳しい事なんかわからないくせに、
 
でも何だかカラダに良さそう・・」
という、動物的勘?みたいなものだけで買い物に行き
おおまかではあるけれど、マクロビオティックの世界を
知るきっかけとなったわけ。

そう。知ってはいても、
肉も魚も食するのだわ・・ホホあせあせ(飛び散る汗)

ほんとに「マクロビオティシャン?」になるのは、
かなーりストイックじゃないと難しいんじゃないかな〜

最近は、マドンナとかトムクルーズとかが実践してるってンで
ちょっとしたブームになってるみたいだけど

ほんとは、「食養」という、健康法というか、厳密に言えば
治療法くらいの効果もあわせもつほどの、その人のカラダを
変えるパワーを持つ健康法なんで、
実際には、すっごーーーーく、厳密なんだからexclamation×2

肉、魚等の動物性食品を摂らないってことは
つまり、牛乳を初めとする乳製品なんかももちろんダメだし、
あと、日本そばならいいでしょ!って言っても
そばつゆなんかに「かつおダシ」は使わないからねっexclamation
「昆布だし」オンリーよぉ!

あのワタシの大好物のしらすとか
おかかおにぎりとか、ぜ〜〜〜んぶ
ダメなのよ、ホントは〜。

あ、モチロン、白米なんかバツ。
玄米だかんね。

でも、多分、普通に健康を維持する分には
もちょっと、ゆるいとはオモウケド。

かなりの体質改善=自然治癒力アップ
を考えたときに徹底してやんなきゃなんない
ことなんでしょうな。

だから。。大病をしたときなんかは、さすがに
ココへ戻るわね〜ふらふら


でも、元気になるとすぐに
いつもの食事に戻るんじゃ、意味ねーって?ちっ(怒った顔)

でも。

確実に余計な脂肪も落ちるし、
排泄も活発になるから、お肌も
ツルツル。


徹底してやれば、花粉症なんかの
アレルギーだって軽減
するんだろうなー。

ああ、こうやって書いてたら、
初心に返って、1からやりたくなったわかわいい

よし!明日から実践するか!

・・・じゃ、今晩は食べ納め?なんてね。たらーっ(汗)
posted by waratta at 21:48 | Comment(0) | マクロビオティック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。